三国志3DS攻略サイト

城  戦争テクニック  城

基本は包囲

攻撃対象に隣接している味方部隊が多いほど、威力は上がります。行動順は重要です。

例えば、下図のような配置の場合、まず,量Jで右上の敵を攻撃します。右上の敵を倒せたら、△2マス左へ移動して上の敵を攻撃します。,右上の敵を倒せなかった場合は、の味方で右の敵にトドメを刺して、△の左上に移動して下の敵を攻撃します。こうやって隣接する味方の数を増やすと、効率的に倒せます。

  敵E
 敵  ◆    ‥─敵軍
          :自軍

騎射で包囲

攻撃力が上がる包囲効果は絶大ですが、最初の1人が移動攻撃をすると、反撃ダメージは小さくないです。そこで、騎射を持つ武将で敵に隣接し、そこから弓攻撃すれば、反撃を受けずに次の味方に包囲効果をアシストできます。弱い武将や兵力の少ない部隊でも、騎射さえあれば貢献できます。

上手な壁の作り方

部隊の隣のマスには、敵の移動を制限する効果がありますが、次のターンには通り抜けられてしまいます。その対策として、桂馬跳びの配置にすると良いです。一直線に等間隔で並べるよりも、こちらの方が壁が厚いです。背後も攻撃されません。

山山□ 敵 敵
 □自□□   敵   敵:敵軍
  □□自□□敵    自:自軍
    □□自□敵   □:行動制限のあるマス
      □山山   山:通行不可のマス

味方がもう少し多い場合でも、隙間なく並べて壁を作るより、桂馬跳び配置に遊撃部隊を備えた方が良いです。遊撃部隊がいれば、弱った敵部隊にトドメをさしたり、突撃で通り抜けた敵部隊に対処したり、傷ついた壁部隊と交代したりと、状況に応じて柔軟に対処できます。

分かりにくい特殊能力の効果

・藤甲があると火神があっても火に弱い
・傾国の効果は弓では発動しない
・仙術は全味方の負傷兵の半分を回復
・治療は隣接した味方と自分の全負傷兵を回復
・応射や反計などは混乱中に発動しない
・無双は混乱中でも効果あり
・藤甲の弓無効は混乱中でも効果あり

敵が一騎討ちを受けやすい条件

・敵兵が味方兵よりも少ない
・敵の武力が味方よりも高い
・敵武将に体力が残っている(85以上?)

要するに、敵が不利だと一騎討ちを受けないということです。英雄バトルロードの反董卓連合のように、どうしても一騎討ちで勝負したい場合は、とりあえず兵の多い武将で挑むと良いです。

敵を城から誘い出す方法

挑発を使う方法以外にも、敵を城から出す方法はあります。敵の君主に近付くだけです。強い敵や沼に囲まれた城などは、こうやって攻略した方が被害が少ないです。

八卦の陣対策

八卦の陣に突撃は全く効きません。対策は、「事前に混乱」「移動攻撃なら密集の連攻」「包囲したら一斉」の3つあります。英雄バトルロードのような短期決戦を挑むなら、密集が最も便利です。

陣形と特殊能力の組み合わせ

仙術や幻術の使い手は、体力回復量が上がる鶴翼兵器が最適です。
武力が高くて速攻を持つ武将は、連攻のできる密集が最適です。
弓神を持つ武将は、射程と威力の高い雁行や方円兵器が最適です。
火神を持つ武将は、火の威力を上げる衡軛兵器が最適です。

三国志3DS全般の内容

批評(レビュー)

みんなの評価

シナリオ一覧

陣形一覧

取得経験値と気力消費

おすすめ君主

戦争テクニック

新武将作成例

小技・裏技集

英雄バトルロードの攻略

英雄バトルロードの要点

英雄バトルロードお勧め武将

全武将の陣形・特殊能力検索

英雄バトルロードの攻略例

英雄バトルロード最強編成